Top  >  技工物・設備紹介  >  リプロデンチャーシステム

リプロデンチャーシステム

リプロデンチャーとは?

リプロデンチャーシステムは、㈱キャスティングオカモトが開発したシステムで、従来の義歯製作での、ワックス、オストロン等の仮床での口腔内試適ではなく、 完成時の素材(リプロプレート)で口腔内試適を行うことにより、口腔内試適段階で、義歯の最終セット状態が 確認できるため、患者様へ満足できる義歯が提供できます。

  1. 歯科医院様からお預かりしたマスター模型は最後まで残します。
  2. 複製した作業模型上で技工作業を行うという基本概念から製作するリプロプレートが リプロデンチャーのスタートになります。
  3. リプロデンチャーには、総義歯ではハイグリップ床・ハイグリップ金属床(米国特許済)や、 シリコン裏素材を使ったシリコン裏装床・ハイグリップシリコン裏装床があります。
    そして、部分義歯では、ソフトアタッチメントデンチャー(国内特許申請)があり、様々な症例に対応できるシステムです。
          ハイグリップ床          ハイグリップ金属床   ソフトアタッチメントデンチャー
ハイグリップ床  ハイグリップ金属床  ソフトアタッチメントデンチャー
ハイグリップ床 拡大図   ハイグリップ金属床 拡大図  ソフトアタッチメント 拡大図
ハイグリップ床 拡大図    ハイグリップ金属床 拡大図     ソフトアタッチメント 拡大図

今までの入れ歯作り~これからの入れ歯作り

これまでの義歯製作では歯科医院様からお預かりしたマスター模型上で技工作業を行い、作業途中で発生する、 レジン収縮などによる変形等の結果を確認できないまま患者様の口腔内へとセットされていました。
満足する入れ歯を提供するための方法として、マスター模型と作業模型を区別して技工作業を行うことが大切と考えられます。 そして、作業模型は、作業工程上おこる収縮変形などを補正できるものでなくてはなりません。
上記の観点からリプロデンチャーシステムによる技工方法は画期的であり、 より高い満足感を患者様に提供できるものと考えます。